顔の輪郭でメガネを選ぼう

スクエア型メガネは、横長の長方形がフレームの基本となっており、知的でスマートさを感じさせます。このタイプのメガネを選ぶときには、顔の輪郭に合っているかどうかを検討するようにしましょう。

「丸顔タイプ」は、一般的にスクエア型のメガネがよく似合うとされています。角が強い印象があるスクエア型メガネをかければ、顔にシャープな印象を与えられます。顔の丸い印象を薄くしたいのであれば、レンズの縦幅が短いものがおすすめ。さらに細いフレームタイプを選べば、よりシャープで洗練されたイメージを感じさせられるでしょう。「面長」ならば、逆にレンズの縦幅が長いスクエア型メガネを選ぶとよいでしょう。この幅が狭くなると、より顔が長くみえてしまうからです。なお、フレームが少し太いタイプのものを選べば、輪郭に柔らかいイメージを与えてくれます。

四角顔のスクエア型メガネ選び

メガネは、顔の輪郭に対して反対のイメージを持つフレームがよく似合うとされています。それゆえに「四角顔」の方は、スクエア型メガネはあまり似合わないことが多いです。もしスクエア型メガネがほしいのであれば、次のようなポイントを踏まえて選ぶとよいでしょう。 直線的な顔立ちに直線的なスクエア型を選ぶと、輪郭の角がより目立ってしまいます。そのため、丸さをもったフレームを選ぶことが大切です。例えば、レンズの角が丸まったモデルや柔らかく丸い印象を与えやすいセルロイドフレーム製のメガネを選ぶとよいでしょう。フレームの太さは太目がおすすめです。顔の印象に柔らかさを与えてくれます。また、主張の強いデザインのメガネを選ぶのもよいでしょう。主張の強いメガネは、顔の輪郭が持ついイメージを弱める効果が期待できるからです。